スポンサーリンク
剣道

手段が目的化してしまう剣道家のジレンマ

「手段が目的化してしまう剣道家のジレンマ」をテーマに書きました。ポイントは、「日本式部活動に組み込まれた剣道の「スポーツ化」」、「剣道界の中枢にいる人種」の2つです。剣道は「人間形成」が目的なのに、気がついたら「勝ち負け」が目的化していることってありませんか?
剣道

剣道が強くなる方法まとめ【必読】

「剣道が強くなる方法まとめ」をテーマに書きました。ポイントは、「剣道との関わりを持とう」、「目標を持とう(推奨:昇段審査)」、「出稽古に行こう」の3つです。疫病騒動による自粛期間中に改めて考えた内容をまとめています。読めば剣道が強くなります。
剣道

剣道で身につけるべき武士道的精神は現代に不要なものか?

剣道で身につけるべき武士道的精神は現代に不要なものか?について書きます。ポイントは、「合理主義との相性」、「「文化」は「無駄」ともいえる?」、「「合理主義」のうえに「武士道的精神」」です。合理化の社会だからこそ、「武士道的精神」を身につけたいものです。
剣道

親に剣道を与えられたことに感謝する私が、子どもに剣道を教えるか悩む理由

私の人生最大の悩みについて書きます。「子どもに剣道を始めさせるか問題」です。ポイントは「自分が一生教えられるわけではない」「信頼できる師に巡り会えるか」です。子どもに剣道をしてほしいが、悩みがつきない私の苦悩を書いてみました。
剣道

剣道の昇段審査不要論者へ物申す!

剣道の昇段審査を受けるべきかどうか悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。結論は、「絶対に受けるべき」です。ポイントは「極めて客観的な実力を測る尺度」「本気対本気の勝負ができる」、「弱い自分だからこそ必要」という所です。記事で詳しく説明しています。
剣道

剣道人口増加のための1つの提案

剣道人口増加のための提案として、ウェブサイト(ホームページ)を作成するということを提案します。特に「中小規模の剣道団体(学校や道場)」ほどウェブサイトに注力して、新規部員獲得を目指すべきです。はじめは無料ブログからでも構いませんが、SNSなども絡めて情報を発信しましょう。
剣道

大学剣道部恩師との思い出

この記事では私の学生時代の恩師との思い出について書きます。持田盛二先生、小川忠太郎先生、斎村五郎先生、高野佐三郎先生など名だたる剣豪の系譜を継ぐ現代の剣道大家である我が恩師との青春エピソードを記します。
剣道

大学・高校・中学、剣道の先生の専門教科を解説

大学・高校・中学、剣道の先生の専門教科を解説します。剣道の先生は何の教科の先生なのでしょうか。校種ごとに解説します。結論的には中学校は国語・数学・理科・社会と多岐に渡り、高校は保健体育が圧倒的で社会の先生が次点です。大学は基本的に体育の先生が多いでしょう。
剣道

剣道の切り返しは「大強速軽」と「正しい形」を解説

「剣道の切り返しは大強速軽と正しい形」を解説します。ポイントは、「切り返しの要素は「大・強・速・軽」」「切り返しの形は左右の腕(手)の運用が大事」です。切り返しの要素は「大強速軽」ですが、前提として「正しい切り返し」ができることが必要です。
剣道

剣道で絶対王者が負ける理由

剣道で絶対王者が負ける理由について解説します。ポイントは、「画一化」と「競技性の低年齢化」です。高校剣道で有名な九州学院高校は全国大会を何連覇もするなど圧倒的な強さを知らしめています。しかしそれでも負けてしまうことがあるのです。その理由について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました